精神状態と氣力の変化と進行の実例

 

 

 

 

 

①復活期

完全に疲れ切った精神状態からの脱却を目指します。

「倒れている」状態からまずは、「座れる」状態まで持っていきます。

 

今のあなたご自身の精神状態と向き合い、

これからどのように進んで行くのかを話し合います。

私とあなたでお互いに目標の共有を確認した後、

本来のレッスンに移ります。

 

 

②準備期

普通に日常生活が送れる状態を目指します。

次は「座っている」ところから「立ち上がる」ところまで持っていきます。

 

家にこもりがちな生活から普通に外出できるレベルまで精神状態を鍛えていきます。

ご自身の好きな物事に対しては積極的に行動できる状態を目指します。

この頃は、少しずつ自分に自信がついてくる頃ですので、

その勢いをキープしながらレッスンを進めていきます。

 

 

 

③成長期

社会復帰できる状態を目指します。

次は「立ち上がって」、自分の力で「歩く」ところまで持っていきます。

 

この頃になると環境が良い職場に着けた場合はスムーズに職場になじめるだけの
気力は持ち合わせていますが、
油断すると、一気に復活期の領域まで

転がり落ちる危険性を持ち合わせていますので、

注意を払いながらレッスンを進めていきます。

 

 

④成熟期

人や団体、会社でのそれぞれの部署をまとめる立場を目指します。

「歩く」ところから「走れる」ようになり、さらに上を目指したい人は、

「どう走るのか」を考えながら進んで行きます。

この頃になると、ただのレッスンではなく、本格的な「行」(修行)に移行します。

 

人に影響を与える側の人間に変わっていきますので、

その人の資質が問われるようにもなります。

そこにいる人達の様子やその場の空気を感じ取り、

自分がどうするべきか、どう動くべきか、

自分が動くより他の人を動かした方がいいのかなど、

より実社会の現場で能力の発揮が求められるようになります。

 

 

これらは、あくまでも週一回ペースでレッスンを続けられた

場合のおおよその目安です。

成長具合や、必要な時間は個々の状態、

レッスンに通う頻度など様々な要因が影響する事により変動します。

 

レッスンを通して、

「もう少し時間をかけた方が良い」と判断した場合は、

2回から3回レッスンを増やすことがあります。