受講者さんの声、体験レポート

受講者さんの声、体験レポートです。

 

Iさん(30代女性)
氣塾と私
「氣」について、興味を持ったのは、自身の奇妙な体験からでした。
左肩のあたりがザワザワする、背中がぞわぞわする。
そんな感じがしてしようがない時が何度もあったのです。
そんなザワザワを「なんらかの気配」かもしれないと思いながら、
それでもなんとなくやり過ごしていました。
そんなある日、たまたま気塾なるものの噂を聞いて、少し興味を持ちつつも、
それでも積極的に参加する気にはなれなかった期間がありました。
あの「なんらかの気配を確かにあるものとして捉えるのが少し怖かったのかもしれません
そんな少し腰が引けた状態の私に初めての廣瀬氣塾の日がやって来ました。
最初にホワイトボードを使って丁寧な解説がありました。
未知なる世界に飛び込むとき、どこかに警戒心がないわけではありません。
突然、意味不明な不可解な世界に引きずり込まれるかもしれない、そんな思いもありました。
しかし、先生の穏やかで優しい説明に、気付けば心からリラックスしている私がいました。
時間をかけて呼吸法を教わり、そして、初めての「トンレン」で衝撃の体験をします。
「氣」それはおそらく存在するものなんだろう。そんな風に思っていた私です。
しかし、この衝撃の体験を経て、「氣」とは確かにあるもの、
あると認めざるを得ないものになりました。
先生が私の右の掌に指を向けたとき、私はホースから勢いよく迸る水を感じました。
はっきりと激しい水流を感じました。いてててて、と声を上げたほどです。
この時以来、私には氣は確かにあるものなのです。氣とは、はっきりと感じられるものなのです。
何度か通ううちに先生から発せられる氣にも種類があることがわかるようになりました。
その中でも、私が最も好む氣は、温泉のような、暖かいオレンジ色の灯りが全身を包み込んでくれるような、そんな氣です。
先生の発する氣はとても誠実で、とても暖かくて、とても穏やかです。
教室の後はいつも身も心も軽くなります。
私はこれを廣瀬温泉と呼んでいます。
そう、私が教室に通う理由の一つに、先生が癒しを与えてくれることにあります。
そして、教室を後にするとき、自分がどれだけ余計なものを溜め込んでいたのかを自覚するのです
修業を積めば、自身をコントロールすることができるようになる。
先生のおっしゃるとおり、そうなれば、きっと自分のことも周りのこともとても大切にできるようになる、私はそんな風に思っています。
自分を知るために、そしてそのサポートをしていただくために、私は廣瀬氣塾に通っています。
Fさん(30代女性)
友人の紹介で、初めて参加したときは、期待半分、胡散臭さ半分でした。
やっぱり興味はあるけど、なかなか踏み込めない分野だったもので…でも、それは杞憂でした。
最初の施術の際、きちんと説明があり、怪しげな感じは払拭されました(笑)ただ、あまり「氣」を感じることはできず…焦りましたが、人それぞれと言われ、そんなもんかぁと思っていました。
そうこうしている間、何回かの施術。ふと気づくと、自分の変化に気づき、驚愕。
意味もわからず、1人焦っているときに、氣塾で確認すると、
第3チャクラが開いたからと教わりました。
まさか、自分にここまで明確な変化が起こるとは思ってなかったのて、ただただ驚きました。
そして、この先の変化を楽しみにしてます。
Aさん(30代女性)
施術の際は先生の氣がわかりませんでした。 ただ一 度、Fさんの施術中に熱を感じました。
先生が おっしゃるには、
・まっすぐな(素直な)氣(性格?)
・自分ができると思えばできる。 ・
・人にしてあげるには 自分が理解(確信?)してから。
・後頭部に気がたまる のがわかる。
普段から勘を使おうとしている とのことで した。
トンレン中、特に印象的だったこと は、 氣を受けとる右手に炭酸が弾けるような感触、
氣を出す方の 左手からBB弾大の粒が落ちるのをはっきりと感じたこと です。
右手首から肘の間がたびたび痛くなりました。
一 度動悸がしてびっくりしました。